観光

市内以外の観光

スポンサードリンク

市内以外の観光



京都の観光といえばネットで探そうが、本屋で探そうが寺、桜、紅葉…と

紹介されているほとんどが京都市内の観光です。

名所の数や楽しめるボリュームを考えれば間違いなく京都でナンバー1は市内なんですが。

しかし市内以外にも京都を楽しめるスポットはたくさんあります。

あれだけの寺社仏閣と長い歴史を誇る市内にはボリューム感で負けて当然ですが、

どこへ行っても人であふれている市内と違い人がまだ少なかったり、

辺りの静かさが違ったりのんびりと観光できます。

数々市内のスポットを紹介してきましたがここでは京都全体にまでエリアを拡大して。

エンジョイスポットご紹介したいと思います

〜 お知らせ 〜

保津川下りは11月30日まで、

冬期お座敷暖房船は12月中旬より運行されています。


〜 トピックス 〜

ご存知の方も多いと思いますが京都駅近くの梅小路公園に
国内最大級の水族館が2011年開業を目標に計画が提案されています

※この件は何か情報が入れば随時お伝えします



ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012 RESTAURANTS & HOTELS


保津川下り 嵯峨嵐山トロッコ列車

保津川下り

京都の観光を調べたときに市内の紹介と併せて掲載されていることも多い「保津川下り」。

市内と近いように思えますがスタートが亀岡からなので京都駅からJR嵯峨野線に乗って

亀岡駅まで行かなければなりません。
京都駅から亀岡駅はちょっと遠いです。

時間にすると各停で30分くらいでしょうか

ガイドなどには快速のご利用が載っていますが10分、15分に1本のような頻度では来ませんので

おそらく各停に乗る確立が高いと思います。

JR嵯峨野線は園部・福知山方面というのが目印です。

保津川下りの起源は角倉了以(すみのくらりょうい)という水路開発に長けた人物が

丹波地方の木材や産物を京の都へ輸送するためにつくったことに始まります。

しかし時代の流れと共に自動車や山陰線の開発により物資の輸送手段としては衰退していきました。

そんな中、保津川の流れる峡谷では四季折々の美しい景色が見られ物資を輸送する船は

いつしか遊船としてお客を乗せて川を下るようになり、今日では日本でも大変有名な川下りとなり。

亀岡から嵯峨嵐山までの約16kmを2時間かけて運行しています。




嵯峨嵐山トロッコ

保津峡の2大スポットのひとつが「保津川下り」ならもう一つがこの「トロッコ」です。

旧山陰本線を利用して観光目的で作られた嵯峨嵐山と亀岡を結ぶトロッコ列車です。

個人的には小学生か幼稚園くらいの遠足かなんかで乗ったような記憶があり

なんとなく子供心をくすぐるようなビジュアルの車体から子供に人気の乗り物だとう感じがしてたんですが

大きくなって立派な観光スポットだと知り、特に鉄道ファンなんかからは絶大な支持があるとか・・・。

保津川下りと同じく大自然に囲まれた峡谷を涼しげにはしるトロッコは今改めてのんびりと乗ってみたいです。

トロッコは上りも下りもありますのでトロッコ嵯峨駅からでもトロッコ亀岡駅からでも

どちらからでも乗車できます。


ただしJRの駅とは全く別ですのでご注意ください。

最寄のJRの駅で下車し、トロッコの駅へ向かってください。

またトロッコ列車の席は全席指定席ですので乗り遅れた切符は使用できません。当日券は各駅で買えます。

ちなみにJR嵯峨嵐山駅からJR亀岡駅までにいくつもトンネルをぬけますがトンネルとトンネルの間に

保津川の峡谷が見えますのでタイミングが合えばトロッコが走っている所も保津川下りをしている遊船も

電車の中から見ることができます。




天橋立



言わずと知れた日本三景のひとつ。南に位置する京都市内とは間逆です。

京都の北端の日本海(宮津湾)にある砂嘴(さし)です。全長は約3.5km、幅30〜150m

砂浜には約7〜8000本の松並木があります。

天と地を結ぶ橋と言われ神話では神様が天と地上を行き来するのに使われていて

ある日その橋が倒れてしまい天橋立になったとされています。

前かがみになり自分の股の間から天橋立を見る「股のぞき」で有名な傘松公園があります。 




湯の花温泉

京お奥座敷といわれる湯の花温泉。鬼の涙があふれてできた万病の治癒と除災除厄の温泉だとか

歴史は古く戦国時代以前。亀岡の山あいにあり亀岡駅から少々遠いですが

自然にかこまれた温泉地ですので大変静かで安らぎの温泉です。




美山町

2006年1月1日より町村合併により南丹市となった美山町。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている萱葺き(かやぶき)の集落が有名です。

かやぶきの里という観光地にもなっていて宿泊施設やお土産屋さんもあります。

自然に囲まれた土地にあるのでアクセスの際は車が便利です。




るり渓

京都府南丹市園部町の南西部に位置する「るり渓谷」。日本の音風景100選に選ばれ国の名勝にもなって、

るり渓十二勝と呼ばれる約4kmにわたる渓谷の散策コースがあり山頂には高原があり

国民温泉保養地に選べれた「るり渓温泉」があります。

テニスやゴルフなどスポーツも楽しめて山頂の「通天湖」ではボートに乗ったり釣りが楽しめます。

自然公園もあり春になると大変美しい桜が咲き誇ります。ゆっくりと静養するには良い場所かもしれません。




 京都村〜TOP


 京都の春

 京都の夏

 京都の秋

 京都の冬

 京都の世界遺産

 京都の伝統行事

 京都の伝統工芸品

 京都で買い物

 京都のおすすめスポット

 ミシュランガイド京都

 京都で食べる

 京都のミステリー

 京都出身の有名人

 京都弁

 市内以外の観光

 京都の心霊スポット

 京都の豆知識

 京都の写真



 リンク集

 リンクについて

 プライバシーポリシー


 プロフィール
スポンサードリンク

保津川下り終着地嵐山

きぬかけの道
Copyright (C) 京都村 All Rights Reserved