豆知識

京都の豆知識

スポンサードリンク

京都の豆知識



京都には知っててなるほどと思うような豆知識がたくさんあります

ここでは役に立つかはわかりませんが無駄ではない豆知識をご紹介したいと思います


ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012 RESTAURANTS & HOTELS


石庭 小路


保津川を下ってその後は?


京都の観光スポットの中でも有名な保津川下り。

休みにもなるとたくさんの人で賑わいますが保津川を下った舟はどうなるのか。

次々に訪れる観光客…永遠に下り続けると舟はいずれ無くなってしまいます。

どうしているのかといいますと、下り終えて嵯峨嵐山に到着するとすぐにクレーンで吊り上げられ

トラックに数隻重ねられて京都市内から老ノ坂を越えて国道9号線を通り

一気に亀岡のスタート地点までつっ走ります。

じゃあ船頭さんもマイクロバスにでも箱詰めにされて亀岡へGO!なのか!?

それは違います。

実は船頭さんは嵯峨嵐山駅から電車に飛び乗り保津峡を越え亀岡に向かいます。

ここでおもしろいのが運がよければこれから保津川下りを楽しみに行こうと

京都駅から亀岡へ向かう電車の中で川下りを終えてそのまんまのはっぴ姿の亀岡へ戻る船頭さんと

電車で出会える可能性があるのです。

僕はJR嵯峨野線をよく利用していたので何度か一緒だったことがあります。

ひっきりなしに下っては戻る事を繰り返しているので

車両が違うだけで結構同じ電車に乗っている可能性は高いと思います。




実は作者、年代、意図ともに不明な謎の庭


竜安寺(りょうあんじ)にある非常に有名な石庭は実は作者や意図や造られた詳細な時期も明確ではありません。

そんな石庭は大小15個の石が庭にあるわけですが

奇妙なことにどこから見ても15個すべて見える場所が無いのです。

必ず1個あるいは2個見えません。

これには様々な理由が言われており東洋の思想では15の数字が完全を意味し

石庭は15夜の満月(完全)に結びつくとされ、そんな石庭を見るのは完全ではない人間なのだから

15個すべての石を認識できるわけがないといわれています。

そのほか単純に15個もあれば1個くらいは見えないだろうという説も・・・。

また石の配置から虎の親が子を連れて川を渡る姿にみえることから別称「虎の子渡しの庭」と言われます

この虎の子渡しとは何なのかといいますと。

親虎1匹と子虎3匹が川を渡る際に子虎の1匹が大変どう猛で親がいないと他の子虎を食べてしまいます。

親は子虎を1匹しかくわえることができませんのでこの場合「どう猛な子虎」を先に向こう岸に連れて行き

親が単身戻って「普通の子虎」をくわえて再び向こう岸へその際「どう猛な子虎」をくわえて戻ってきます。

そうして今度は「普通の子虎2」をくわえて向こう岸へ渡ります。

そして単身で戻り、最後に「どうもう虎」を向こう岸へ連れて行けば完了…、という話です。

(この説明でわかって頂けたでしょうか…(汗))



この石庭以外に有名な知足の蹲踞(つくばい)については、知足というのは「吾唯足知」という言葉で

読み方は「ワレタダタルヲシル」 と読み意味は下記の通りです

「知に満たされている者は生活は貧しくても心は富んでいる。
逆に知の足りない者は暮らしは富んでいても心は貧しい」




京都の通り名数え唄


京都のわらべ唄で有名な京都の通り名を順番に歌った数え唄があります。

すべての細かい通りまで歌われているわけではありませんが

碁盤の目のように上下左右綺麗に並ぶ京都の通り名をこの唄で覚えてみてはどうでしょうか!?

僕自身も全部通して聴いた事がないので一度フルバージョンで聴いてみたいです。


【東西(横)の通り名編】

丸 竹 夷 二 押 御池

姉 三 六角 蛸 錦

四 綾 仏 高 松 万 五条

雪駄 ちゃらちゃら 魚の棚

六条 三哲 通りすぎ

七条越えれば 八 九条

十条 東寺で とどめさす


まる たけ えびす に おし おいけ

あね さん ろっかく たこ にしき

しあや ぶったか まつまん ごじょう

せきだ ちゃらちゃら うおのたな

ろくじょう さんてつと おりすぎ

ひっちょうこえれば はち くじょう

じゅうじょう とうじで とどめさす


丸太町通・竹屋町通・夷川通・二条通・押小路通・御池通

姉小路通・三条通・六角通・蛸薬師通・錦小路通

四条通・綾小路通・仏光寺通・高辻通・松原通・万寿寺通

五条通・魚棚通

六条通・花屋町通

七条通・八条通・九条通

十条通



【南北(縦)の通り名編】


寺 御幸 麩屋 富 柳 堺

高 間 東 車

烏丸 両替 室 衣

新 釜 西 小川

油 醒ケ井 堀川の水

葭屋 猪熊 黒 大宮

松 日暮 智恵光院

浄 福 千本 はては西陣


てら ごこ ふや とみ、やな ぎさかい

たか あい ひがし くるまやちょう

からす りょうがえ むろ ころも

しん まちかまんざ にし おがわ

あぶら さめがいで ほりかわのみず

よしや いのくま おおみやへ

まつ ひぐらし ちえこういん

じょう ふく せんぼん はてはにしじん


寺町通・御幸町通・麩屋町通・富小路通・柳馬場通・堺町通

高倉通・間之町通・東洞院通・車屋町通

烏丸通・両替町通・室町通・衣棚通

新町通・釜座通・西洞院通・小川通

油小路通・醒ケ井通・堀川通

葭屋町通・猪熊通・黒門通・大宮通

松屋町通・日暮通・智恵光院通

浄福寺通・千本通





 京都村〜TOP


 京都の春

 京都の夏

 京都の秋

 京都の冬

 京都の世界遺産

 京都の伝統行事

 京都の伝統工芸品

 京都で買い物

 京都のおすすめスポット

 ミシュランガイド京都

 京都で食べる

 京都のミステリー

 京都出身の有名人

 京都弁

 市内以外の観光

 京都の心霊スポット

 京都の豆知識

 京都の写真



 リンク集

 リンクについて

 プライバシーポリシー


 プロフィール
スポンサードリンク

舞踊

ねねの道
Copyright (C) 京都村 All Rights Reserved