京都の夏

スポンサードリンク

京都の夏

といえば祭、京都の祭といえば祇園祭,、日本三大祭の一つに数えられる京都最大のお祭です。

それともう一つ、京都のを代表するイベントがお盆に行われる大文字五山送り火

この2つが夏の京を彩る2大ビッグイベントであります。その他、鴨川の納涼床などが有名です


ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012 RESTAURANTS & HOTELS


月鉾 長刀鉾


祇園祭

日本三大祭でもちろん京都三大祭の一つでもある祇園祭

7月に行われる約1100年の歴史を持つ八坂神社の祭礼です。

京都の夏の味覚、鱧(はも)にちなんで鱧祭とも別称される。

その昔全国に疫病が流行した時、当時の日本の国の数の66本の鉾を立てて

災厄の除去を祈願したのが始まり。

☆おおまかな日程は以下の通りです☆


7月 1日

2日

10日


11日

13日〜15日


14日〜16日




17日







24日

「吉符入り」祇園祭の始まり、神事の打ち合わせなど

「くじ取り式」山鉾巡行の順番を決めます

「神輿洗い」中御座の神輿を四条大橋まで担ぎ
鴨川から汲み上げた水で清めます   

「鉾建て」3日間ほどかけ鉾の組み立てが行われます

「山建て」各山鉾町で山の組み立て1日で組み立ては
終わります                  

「宵々々山」「宵々山」「宵山」
夕方より四条通など大通りは歩行者天国となり、
町は浴衣姿で溢れ祇園囃子(はやし)が鳴り響き
祇園祭の中で一番の賑わいをみせる  

「山鉾巡行」午前9時よりくじ取り式で決めた順番に
32基の山鉾が四条通、河原町通、御池通を巡行。
先頭を巡り競った時代があり古来より「くじとらず」の
長刀鉾が毎年先頭を受け持つ       

※長刀鉾では32基の中で唯一人形ではなく稚児が乗っています

「還幸祭」神輿が御旅所を出て氏子地域を巡行し
八坂神社へ帰ります             




五山送り火

 毎年8月16日に行われる祇園祭と並び京都の夏を代表する風物詩

「五山送り火」

起源にはさまざまな俗説は存在するが確かな事はわかっていない。

お精霊(しょらい)さんと呼ばれる祖先や故人の霊を五山の送り火で冥土へ送る目的から

「魂送り火」ともいわれる。


☆点火時間と場所☆


午後8時00分

午後8時10分


午後8時15分



午後8時20分

「大文字」東山如意ヶ岳(ひがしやまにょいがたけ

「妙」松ヶ崎西山・万灯籠山
「法」松ヶ崎東山・大黒天山

「船形」西賀茂船山

「左大文字」大北山

「鳥居形」嵯峨鳥居本の曼荼羅山(まんだらやま)



☆見物スポット☆

 昔はすべての送り火を見渡せるスペシャルスポットがあったらしいです。

 今はホテルを取ればすべてを見ることは可能みたいですが…今もどこかに穴場はあるはず!?

個別のスポットは下記の通りです


「大文字」

「妙」

「法」

「船形」

「左大文字」

「鳥居形」

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

賀茂川(鴨川)堤防・丸太町大橋〜御薗橋

北山通のノートルダム女学院付近

高野川堤防の高野橋北

北山通の北山橋から西北

西大路の西院から金閣寺辺り

松尾橋・広沢池(右京区)など




納涼床

夏になるとテレビでもその風景がよく紹介される鴨川の納涼床。

その歴史は江戸時代にさかのぼり、裕福な商人が夏に遠来の客をもてなすのに

中洲や浅瀬に床机を置いたのが始まりだと言われています

川のせせらぎと京都の町並みと鴨川の涼しげな風景を堪能しながら粋な料理に舌鼓をうつ。

 日も傾き夕方になると床には灯篭が灯され四条大橋から見えるロケーションは抜群。


☆ 床Q&A ☆


 Q.鴨川以外に床はないの?

 A.あります。貴船にて川床があります。
その他、川があればやってる所はあると思います。


貴船の川床(車内より撮影)



Q.期間は?

 A.鴨川の納涼床も貴船の川床もだいたい5月〜9月です。

※ただし昼の床については気温が涼しい貴船とは違い、
鴨川では日中の暑さが厳しい為、暑さがマシな5月と9月のみのお店が多いのでご注意。


Q.敷居が高く感じるのですが?

A.貴船は料理旅館が多く京料理が中心で、鴨川では京料理以外にも、
鍋、中華、イタリアン、バーなど様々な店が床をやってます。


若者からお年寄りまで大勢の人が集まる鴨川ではお手軽に床を楽しめるようになっています。
   市街から離れた自然に囲まれた抜群のロケーションで
清涼感たっぷりの床を楽しみたい人は貴船がオススメ。


 Q.値段は??

 A.入る店にもよりますが、貴船よりはお手軽化している鴨川のほうが相場は安そうです。
   貴船は会席が基本で少々値は張りますが本格的です。



漠然とした目安


鴨川の昼
鴨川の夜

貴船の昼
貴船の夜

3,000円〜5,000円
5,000円〜10,000円

10,000円〜20,000円
15,000円〜30,000円


 ※入る店によっては参考にならないとは思います。  あくまでも目安ですので、
値段はお店が決まりましたらご自身でご確認下さい



 Q.知っておきたい事は?

 A.床に座る席料が別途必要な所があります。もちろん不要な所もあります。

   店によって店内と床席の料理が別料金のところがあります。
(同じ料理でも店内で食べるのと床で食べるのでは値段が異なるという事です)

  雨や台風などで増水した時や、警報などが出ている時は店内で食事となります。




 京都村〜TOP


 京都の春

 京都の夏

 京都の秋

 京都の冬

 京都の世界遺産

 京都の伝統行事

 京都の伝統工芸品

 京都で買い物

 京都のおすすめスポット

 ミシュランガイド京都

 京都で食べる

 京都のミステリー

 京都出身の有名人

 京都弁

 市内以外の観光

 京都の心霊スポット

 京都の豆知識

 京都の写真



 リンク集

 リンクについて

 プライバシーポリシー



 プロフィール
スポンサードリンク

祇園白川

街並
Copyright (C) 京都村 All Rights Reserved